救いとは何か?

こんばんは。
今日は、昨夜からの一連の流れで思ったことを記しておきます。

まず、Twitterにも書いたし、このブログを遡れば分かることですが、わたしはSHINeeのファンになって今年で6年目です。
なので、韓国でデビューしたときからのファンではないので、ファン歴としてはけっして長くはないと思っていますが、
6年という月日は短くもないと思っています。

先日、ファンになって1年ちょっとのじょんぺんのお友達とごはんをご一緒したのですが、
ファンになって日が浅いから、東京ドームで彼らが言っていた乗り越えてきたものをリアルタイムで知らないのに、
メンバーと一緒に泣いていいんだろうか、でもなぜか涙はあふれてくるし、もっと早く出会いたかったと言っていました。

わたしの周りには、韓国のデビューからずっと応援されている方もいらっしゃいますし、
このお友達のようにここ1年ぐらいでファンになった方もいらっしゃいます。

でも、最近ファンになったお友達はみんな言うんですよ、
「ずっと応援してきてくださった方が育ててきたものをおいしいとこどりをしたみたいで申し訳ない」と。

そういうお友達には、わたしのブログの140309 종현 멘트①を読んでみるといいよと話をしていました。
するとお友達は、みんな「これを読んで楽になれました」と言うんですよね。

でもね。
今回のtweetでも『救われました』というリプをいくつもいただいて。
みなさま、ファン歴というものにどれだけ追い詰められていたんだろうと思いました。

ファン歴が長かろうが短かろうが『今』好きなことには変わりないじゃないですか。

もちろん、デビューから支えてきた方がいらっしゃることも大切な事実です。
そういった方がいらっしゃるからこそ、彼らはここまできたんだということを忘れてはいけない。
でもだからと言ってファン歴が短いことを負い目に感じることもないと思います。
6年目ではありますが、わたしもファン歴としてはまだまだです。

ファン歴も大好きな気持ちも勝ち負けでは計れません。
あの人に負けないぐらい好きという気持ちは、やがて自分よりファン歴の浅い方に出会ったとき、どういう気持ちがするでしょうか。
優越感を感じることにはならないかしら。
ファン歴は数字なのでデジタルに判断できるかもしれないですが、気持ちは計れません。
そこを追及していくとつらい気持ちしか残らないと思いますよ。

わたしもまだまだ勉強中の身です。
大きなパワーをくれるSHINeeに感謝して、もう少し気を楽に楽しく謙虚に(ここが一番重要!)応援していきましょうね^^
関連記事


web拍手 by FC2
[ 2015/03/23 02:33 ] SHINee | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する