Day 3:じょんからのメッセージ -2015年じょん活渡韓記 vol.4-

1月11日(日)。
人気歌謡の事前収録が3:40集合だったので、SBSの前に3時過ぎに到着。
明け方というより、まだ深夜です。
宿でお友達とお互いにカイロを貼りっこしてからきたおかげか、
この時間帯はまだ風がなかったのが幸いで、思っていたよりは寒くなかったです。

Img0404_20150119093116_6.jpg
観た瞬間、イケメンがだだ漏れで立ちくらみがするかと思うぐらいかっこよかったです。

Img0404_20150119093116_5.jpg

Img0404_20150119093139_1.jpg

Img0404_20150119093116_8.jpg

Img0404_20150119093116_2.jpg

Img0404_20150119093116_1.jpg

Img0404_20150119093116_4.jpg

Img0404_20150119093116_3.jpg

Img0404_20150119093139_2.jpg

Img0404_20150119093139_3.jpg

Img0404_20150119093139_5.jpg

Img0404_20150119093139_4.jpg

本番のでじゃぶのマスタードカラーの衣装かわいかったpq

Img0404_20150116170506_8.jpg

B7C7JW4CYAAvfv5.jpg
じょんのジャケットをあいおんくんが羽織っているのは、
エンディングの直前に、二人でジャケットを交換をしたんですね。(放送にはのってない)
あいおんくんの方が体が大きいので、じょんはぶかぶかで完全着られてるし、
逆にあいおんくんは袖が入らないしという状態でw
「あ!それなら羽織ってみれば^^」とじょんがあいおんくんに言ったみたいで、それで羽織っているんです。

B7DyTl7CQAASVHv.jpg
この日はセルカも上がりました。
自分が観覧したときのセルカが上がるって嬉しい。


この日の放送。
事前収録がされたのは朝6時半ぐらいでした。
こんな朝早くからじょんもしゃうぉるもお互いに大変だったと思うのですが、7時ぐらいに収録が終わってからSBSを出ると
寒い風が吹きすさぶ中(ほんとに寒かったの!)、とても素敵なプレゼントがわたしたちに用意されていました。

fc2blog_20150418144940027.jpg

fc2blog_20150418145143885.jpg

fc2blog_20150418150502176.jpg
なんと、じょんから差し入れでホットドリンクとチョコパイがあったんです~。
うっかりチョコパイの写真を撮るのを忘れて、あまりの嬉しさにありがたくもいただいてしまったわたしでした^^;

事前収録の準備中に、サポーターの方が飲み物は何がいいかと聞きに回っていらして、
アメリカ―ノとゆず茶のどっちがいいですか?と聞かれて、わたしはアメリカーノと答えました。
でも、なんでそんなこと聞かれるのかな?って思ってました。

じょんが差し入れてくれたアメリカーノ、温かくてすごくすごく美味しかったです。

fc2blog_20150418145345747.jpg
そのときのじょんからのメッセージはこれでした。

언제나 그렇듯 난 당신이 필요해요
いつも僕はあなたが必要です。

後日、2015年1月14日にもツイートされたメッセージです。

このツイートで、あの日のメッセージに何が書かれていたのかやっと理解したわたしは衝撃を受けました。
あの事前収録に参加したファン(=おそらく放送後のミニペンミにも参加するであろうファン)には、
彼は既にこの言葉を伝えていたんですね。

キミがどんなにファンを大事に思っているか、わたしたちはよく知っているし、お互いに大切な存在だよね。
キミからの大事なメッセージ、幸いなことに口からも摂取できて、わたしの体の一部になりました。
本当にありがとう。


この勢いでミニペンミまで書こうと思ったのですが、長すぎるので次へ。

ちなみに、この記事はこのブログでSHINeeに関する記事として1,000番目になります。
1,000も記事を書き続けることになるなんて、ブログを始めた2009年当初は思いもしませんでしたが、
続けてこれた理由はすごく単純で、わたしはSHINeeが大好きで、じょんも他のメンバーもわたしにってとても大切な存在だから。
彼らはわたしの日常生活です。
それだけのことです^^
関連記事


web拍手 by FC2
[ 2015/01/11 15:29 ] SHINee Jonghyun | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する