美しい言葉で

具体的な表現についてここに書きたくないので書きませんが、
わたしはじょんに対するセクシャルな表現がものすごく苦手です。
場合によっては、じょんに対するセクハラなんじゃないかと思うぐらいです。

じょんはとても美しい言葉を注意深く選んで話をしていく男性です。
それは彼が作詞した歌詞を読めば明らかだと思います。
わたしは、たとえ使い古された表現だったしても、じょんに対してはわたしなりの美しい言葉で表現したいです。

いつか気が向けば内容をここに書きたいと思いますが、
昨日の蒼い夜でわたしのリクエストを読んでいただきました。

わたしは軽い気持ちで、日本ではよく話に出る内容を書いてみたのですが、
じょんはそんなわたしの気持ちを思いもしなかった表現で受け止めました。
とあることをとても美しい喩として話をしていて、訳を読ませていただいたとき、言葉がでなかったです。

わたしがやれる応援は、力も小さくじょんに届くか分からないけれど、
それでも気持ちを伝える言葉は美しくありたいです。

わたしなりの小さな応援のうちの一つです。
ジョンヒョンという一人の男性を応援するファンとして、美しい言葉で応援をしていくという
小さな覚悟を新たにしたいと思います。

これはわたしが自分自身に対する約束でもありますね。
どうかファンの美しい言葉も、それがたとえ厳しい表現だったとしても、彼に届きますように。
彼なら愛情がこもった発言であれば正面から受け止めてくれると思います。

じょんは感受性が豊かで、いつも言葉と真剣に向き合ってますよね。
だからわたしも美しい言葉でこれからも応援したいと思います。

わたしたちファンも、美しい言葉の世界でじょんの歌声と出会えますように。
じょん、お互いに心のこもった美しい言葉だけ読んでね。
関連記事


web拍手 by FC2
[ 2015/07/28 01:32 ] SHINee Jonghyun | TB(0) | CM(2)

さゆれんさま

こんにちは!

歌詞を翻訳していらっしゃるんですね^^
歌詞が翻訳できるなら、じょんが伝えたいことも自分の言葉で理解できてとても素敵なことだと思います。

わたしは蒼い夜にちょろっと投稿するようになって、自分で韓国語の文を書くようになったのですが、
日本語のことをよく考えるようになりました。
母国語なのでふだんは何も考えずに話しているけど、とても不思議な言語だなあと。
ひらがな、カタカナ、漢字があるのも不思議ですが、普段の会話の中でこんなにも外来語が多いのかと驚きました。
とてもよい経験になりました。

CPですが、わたしはFFを読むことも好きなのでCPに抵抗がありません。
というか、ブログでもほひょんカテゴリを設けているぐらいなので、CPの話も大歓迎という人種です。
ただ、わたしの周りにいるFFを書いているような方は、アカウントに鍵をかけていらっしゃいます。
FFのサイトはすべてパスワードがないと入れない仕組みになっています。
いわゆるエロを題材にお話を書く方はきちんとしていらっしゃるんです。
人の目に触れないようにしてあるんですよ。
個人の思想や趣向は自由であるべきですから、そういう風に気遣いできることが大事なことだなと思っています。

じょんの言葉には胸を打たれますね。
わたしも応援をするときは美しい言葉でありたいと思います。
ご丁寧なコメント、ありがとうございました!
[ 2015/08/01 18:52 ] [ 編集 ]

こんにちは。
どうしても、わたしの気持ちをお伝えしたくて、こちらに登録しました。
わたしも、ブログは、書いていますが、違うところなので。


ジョンが
選ぶ言葉の美しさ…。

ジョンが、書いた歌詞を訳す度に感じます。
勉強中の初心者のため、辞書を引きながら…なのですが、単語のひとつひとつの意味を知る度に、心をうたれ、涙が出ることもあります。

わたしは、そんなジョンの一言一言を、自分自身の感覚で受け止めたいから、勉強しているし、
ジョンが韓国語を大切にしているのと同じように
わたしは、日本語の美しさを大切にしたいと思っています。

それなので、
テコさんが、おっしゃること…よくわかります。


わたしは、メンバー同士の絡みをカップルとして見ることにも興味がなく、
かといって、そのことを否定もしませんが、
たまに、言葉が卑猥でひいてしまうこともあります。

誠実な気持ちには、誠実な言葉で…

日本語を一生懸命勉強して、使ってくれてる
彼らに恥ずかしくない言葉を使いたいですね。


テコさんの、思いに心をうたれました。
普段、何となく感じていた違和感でしたが、
わたしも、同じように感じていたことがわかり、ちょっとスッキリしました。

ありがとうございました。
[ 2015/07/28 16:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://sottovoce-jh.com/tb.php/2206-c6872af1