前人未到の地へようこそ

こんばんは!
昨日はGolden Disc Awardsだったので、そのことを残しておきますね。


2015年、じょんに対して幾度となく使ってきた言葉は、「こんな日がくると思わなかった」だと思います。

BASEというアルバムでソロ活動が決まったとき。
ソロコンサートが決まったとき。
そして、蒼い夜で発表した曲を、소품집 “이야기 Op.1”という形で世に送り出してくれて、
1年に2枚もアルバムをリリースすることが決まったときも思いました。
2015年は、そう思ったことが、他にも数えきれないぐらいありました。

そんなじょんが、今年のGDAではソロ歌手として本賞を受賞して、
昨年の彼は本当にがんばってきたので、わたしはものすごく嬉しかったです。

じょん個人としてのトロフィーは、昨年末にMBC芸能大賞でDJとして優秀賞をもらいましたが、
歌手としてのトロフィーは、昨日のGDAが初めてだったんですよね。

わたしは、作曲したり作詞したりするじょんも好きですけど、やっぱり歌を歌うじょんが大好きなんです。
だから彼がソロ歌手としてあらためて評価をされて、これほど嬉しいことはありません。

彼の未来にソロ活動があるなんて思わなかったし、わたしなんかがどんなに願っても叶わない夢だとずっと思っていたけど、
昨年のじょんはその夢を次々と叶えてくれました。

そして、まさかのGDAではソロ歌手としても本賞を受賞できて。
感謝してもしたりないぐらいです。

CZPiOJQXEAEmtaN.png
本賞の受賞おめでとう!
前にも書いたことあるけど、わたしの中にあったたくさんの夢を叶えてくれてありがとう。


ほんとねー、じょんはわたしのココロの中にある前人未到の地をずんずん歩いていくんですよ。
これも何回も書いているけど、彼はわたしが思いもしなかった世界へ連れていってくれるんですよね。
だからファンをやめられないんだろうなあ。

今年27歳にもなる大人の男性をつかまえて「今日もきゅるんきゅるん」とか言っているなんて、
2010年にハタチの誕生日をお祝いしていた頃のわたしに言ったら、びっくりして言葉が出ないと思うし笑
年齢を追うごとに、魅力を感じる点が変わっていくのもすごいなと。
こんな翻弄のされかたをするとは思わなかった。
完敗だわ。


じょんは、心やさしい美しい青年に育ったなと、最近しみじみ思います。
人によっては、じょんは変わったと言うかもしれないけど、性格や人柄が変わったというより、大人の男性になったんですよね。
それには痛い目にもあってきたこともあるだろうし。
(ファンとしても痛い目にあったことありますしね)

楽しいこと。
嬉しいこと。
悲しいこと。
苦しいこと。
寂しいこと。

じょんにはたくさんの感情を感じてほしい。
そして、それを彼が奏でる音楽というカタチで受け取れれば、わたしはそれだけで幸せ。
あとは健康でいてくれれば言うことはありません。
もちろん、それはわたしも!^^

CZPiM0NWQAM5bkn.png

ここ最近思うじょんに対する想いを文章にするのは難しいなあと思いながら、今日は書いてみました。
じょんのことは書いても書いても書き足りないんですよ。
だから、飽きずにじょんブロガーとして書き続けていられるのかも。
これもある意味、前人未到の地ですね。
このまま彼のことを変わらず大好きでいられたら、わたしも今年の夏でファン8年目に突入することになりますから。

じょんには、どこまでついていけるだろうかと思うときがありますが、
不思議とじょんとの距離が遠くなったと思ったことって1回もないんですよ。
これも何回も書いていることだけど、彼の音楽はいつだってわたしに寄り添ってくれていると思っているんです。
でも、そう思うのは、きっとわたしだけじゃないよね^^

もっと書きたいんだけど、時間も遅くなったので今日はここまで。
今日もよい夢を。
おやすみなさい!


credit:귀염둥이 허영지 / kiri
関連記事


web拍手 by FC2
[ 2016/01/22 02:45 ] SHINee Jonghyun | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する