感謝

こんばんは。
今日のてみんのこと、何から書こうかな。

今日、AERAに表紙と単独インタビューが決まったと告知がでましたよね。
AERAのような一般誌に載るなんて、女性誌に載るよりもすごいことだなあと思いました。
女性誌も好きですよ。
グラビアもかわいいし。
でも目新しいインタビューとか載らないんでね。
AERAに期待したいところです。
AERAの表紙って、ものすごく美しく撮影してくれるんですよね。
どうやって白羽の矢が立ったのか分からないけど、インタビューで明かされるといいなあ。

あのコたちも、曲がりなりにも東京ドームを埋められるグループですもんね。
東京ドームへの道は険しかったけど、こうして結果を出したことで、次につながっていってますね。
自信になっていることでしょう。

ここから述べることはわたしが経験して感じてきたことなので、世間から見て正しいかどうかは分かりませんが、
今日思ったことを書いておきますね。

SHINeeが日本デビューする前年の2010年、日本ではKARAや少女時代がデビューしてK-POPブームになったんですよ。
BoAちゃんと東方神起がコツコツと切り開いてきた日本市場でしたが、一気に花開いたんですね。

KARAは地道に握手会から始めていったんですよ。
当時行った友達が、本当に健気に一生懸命握手をしてくれて日本語で話をしてくれて嬉しかったと言っていました。
そして、その後大活躍することになったんです。

少女時代は東方神起と同じ事務所ということもありましたが、
前年の2009年にGeeで前代未聞の9週連続1位という記録を作っていましたし、
日本で活躍するには人気も実力も備わってました。

2010年は、KARAと少女時代が日本におけるK-POPシーンをひっぱる大人気のグループだったんです。

そして、一大ムーブメントを築いたあと、いくつかのグループが追随しました。
そのうちの一つとして、2011年に日本デビューをしたSHINeeも挙げられると思います。

当時、K-POPブームということもあり「東方神起や少女時代と同じ事務所の後輩」という肩書だけで、
SHINeeは日本市場でも大成功するんだろうな、なんて軽く考えていました。
あっという間に、あのコたちの実力が世に知られるだろうなんて思っていました。
でも、その後日本におけるK-POPブームは減衰したんですよね。

「こんなはずじゃなかった」
当時そう思った関係者がいたかもしれません。
思ったように結果が出せなくて、ファンとしてもとても苦しかったです。

昨年の日本デビュー4周年のときも書いたのですが、2012年ぐらいの日本活動って、
果たして彼らの望んだとおりの道だったのかどうか、日本のファンもずいぶん悩んだと思います。
日本は世界第二位の音楽市場であり、それに挑戦することは大命題だったと思いますが、
事務所やレコード会社が敷くレールの上をひたすら進むことは、彼らが納得した道だったのかと、心配していた方も多かったですよね。

でも、レコード会社も事務所も本人達も、SHINeeの日本活動を諦めなかったんですよ。
地道にコンサートをすることで、一番の魅力であるパフォーマンスをする彼らの姿に触れる機会を増やして。
一般大衆に向けたプロモーションをあまりしてもらえず、歯がゆい思いをしたときもありましたが、
いつしか、それでファンを増やしていったんですよね。
SHINeeは地道にパフォーマンスを見せればファンは増えるだろうという自信があったんだと思います。
実際、それは正解だったなとわたしも思います。

2014年はホールツアーも含めて30公演。
これだけの公演数を日本でやってくれるグループも今までいなかったですよね。
そして2015年は彼らの夢だった東京ドーム公演を開催。
ここまでの地道な活動を応援し続けてきたファンは、彼らと一緒に日本における夢をともに叶えることができて幸せでした。
あのコたちも、これまで諦めずに続けてきたことに結果を出せてよかったですよね。

さあ、今日はここからが本題です。
長い。
長すぎる。
でもここからがやっとてみんの話です。
もう少しです笑

そんな日本市場において、てみんの果たす役割は非常に大きかったと思うんです。
日本におけるセンターとして、SHINeeの日本活動をひっぱってきた立役者はてみんです。
それは間違いありません。

世界中で愛されている男のコでもありますけど、日本では特に愛されていると思いますし、
本人もそれを分かっていて、向上心もあるコなので、一生懸命日本語の勉強もしてきましたよね。
てみんは、自分がSHINeeの日本活動における切り札なんだと、きちんと理解していたんですよね。

そんなてみんが、大事に大事に準備をしてきた本国のソロ活動で、日本のことも考えてくれるなんて嬉しいじゃないですか。

SHINee WORLD Jのみなさ~ん!
テミンです!

来週からいよいよ韓国でのアルバムの活動が本格的にスタートします!
そんな僕は今、練習中ですよ~
今回は日本のみなさんにも聴いてもらいたくて「Press Your Number」の日本語も収録しました^^

たくさん時間かけて準備しているので待っててくださいね~


韓日同時リリースですよ。
本国ではてみん作詞で、日本ではそれが聴けなくなっちゃうのはちょっと寂しいかもしれないけど、
日本のみなさんにも聴いてもらいたくてというてみんの気持ちを最大限受け取りたいですよね。
わたしはものすごく嬉しかったです。

日本語で歌うのであれば、これから単独コンサート以外でも披露されるかもしれませんよ!
そうなったら、きっとまたファンが増えますね^^

とまあ、今日はいつにも増して長々と書いてきましたが、てみんの日本に対する想いに感謝した日でもあります。

てみん、ありがとう。
キミの想い、しっかりと受け取ったからね!
わたしは日本の空の下で、一生懸命応援します^^


今日書いてきたことは、わたしの個人的な経験や考えに基づいて書いたものです。
なので、K-POPブームに対する理解は、他の方と違うかもしれませんが、違っていたとしてもお許しいただければと思います。
関連記事


web拍手 by FC2
[ 2016/02/19 22:26 ] SHINee | TB(-) | CM(6)

sayakaxxxさま

こんばんは!
RTからお越しいただいて、ありがとうございます。

てみんの気持ち、日本のファンのことも考えてくれていること、
心から感謝をしつつ、わたしも応援したいと思います。

これからも気軽に遊びにいらしてくださいね。
[ 2016/03/05 01:09 ] [ 編集 ]

よしさま

こんばんは!コメントありがとうございます。

そうですね。
国が違えば文化も違いますから、そんな中で彼らにとっては異国である日本でこんなにも活動をしてくれること、
本当に感謝しているんです。

てみんが日本語でも歌をリリースしてくれること、嬉しいですね。
日本のファンのことも考えてくれて、彼のやさしさを想いを、
ファンとして余すところなく受け取りたいです。

がんばって応援していきましょう^^
[ 2016/03/05 01:07 ] [ 編集 ]

tamakiさま

こんばんは。
コメントをお寄せいただいている記事をお間違えだと推測いたしますが、
おそらくこのことだろう、ということを前提にお返事をさせていただきます。

-----------------

アイドルだからこそ、求められることはたくさんあると思いますが、
恋愛事情もなかなか難しい部分ですよね。
ただ、それに対する対処はうまくやってほしいなあと、当時は思っていました。

じょんもあれから恋愛はしていると思いますけど、幸せでいてほしいです。
[ 2016/03/05 01:01 ] [ 編集 ]

はじめまして

偶然RTからこちらのブログにたどりつきました。

電車で読んで、なんだか胸いっぱいで泣きそうになりました。
テミンの気持ちに応えれるように、微力ながらソロ活応援したいなと思います。
おうちで他のブログも読ませて頂きます(^^)
[ 2016/02/20 12:34 ] [ 編集 ]

思い

ブログ読ませて頂きました。
SHINeeの辿ってきた道はどれ位の険しさか
ペン歴が2年半くらいのまだまだ浅いファンなのであまり理解できてませんがSHINeeはパフォーマンスも歌もメンバー愛もピカイと私は思ってます。
彼らの育ってきた←これは全韓国人含む
環境を考えると日本での活動は歴史的な認識も含めると複雑な時もあると思います。
でも地道に日本で活動してきて、日本語も理解出来てきたと同時に音楽市場としてだけでなく日本のことも大事に思ってくれてる気がしてます。
オニュが一昨年のホールツアーあたりのインタビューでやっと日本でもリラックスできるようになってきました。日本はどこも街が綺麗で人も親切だという事が分かってきました。と言ってて、あーやっぱり色んな感情あったんだなって思いました。
そんな中テミンは純粋に日本を楽しんでて今回日本語の作詞も手掛けてくれて。
本当に先陣を切って日本での活動を開始するんだと感じてます。
とにかく今回の活動は凄く重要なんだと思うので頑張って支えて行こう!て決めてます。
私も長くなってしまいました!ごめんなさい!
[ 2016/02/20 00:45 ] [ 編集 ]

テコさん、連投お疲れ様です。
ちゃんと読ませて頂きました。
フムフムと納得したことや、同じ思いもあり、興味深かったです。
そして、台北のファンミのこと知らなかったので、
前後の流れが分かり、スッとしました。
アイドルのさがですね(^_^;)
ジョンの涙には色んな思いがあったでしょうが、確かに彼女の立場になればおっしゃる通りです。
色々ありがとうございます\(^-^ )

[ 2016/02/20 00:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する