sympathy

こんばんは。
もうすぐ明け方です。
書いたら寝ないと。

今日というか昨日、会社で落ち込むことがあったんですね。
自分が悪いんだけど。

帰りの電車の中で、「こんな日だから、今日はじょんの歌を聴きながら帰ろうっと」と思って、
久しぶりに聴いたのですが、やっぱりじょんの歌っていいなあなんて思いながら聴いてたんです。

でもね。
하루의 끝を聴いたときに泣きたくなっちゃったんですよね。
「お疲れさまでした。がんばりましたね」とじょんに言ってもらえるほど、わたしは毎日がんばっているわけじゃないって。
それに気がついたとき愕然としてしまって。

じょんが蒼い夜で書いた歌は、リスナーを励ます歌が多かったですが、
わたしは、じょんに励ましてもらえるほどの努力をしていない気がするんです。
それに気づいたときには、這い上がれないんじゃないかと思うぐらい落ち込みました。

でも、彼が書く歌に釣り合う人でありたいなあと、今日は強く思いました。
そんな日でした。


Twitterにちょっと書いたのですが、これまでファンをやってきて思うのは、じょんが話すこと全てに共感することはできないということ。
人間ならごく当たり前のことなんだけど、「あ、そうか。わたしはそう思わないけど、じょんはそう思うんだな」と思うことがよくあります。

蒼い夜を聴くようになって、ありがたくもいろいろな方の翻訳を読ませていただいてじょんの話を知ることがほとんどですが、
仲良しのお友達がじょんの話に共感している様子を見るたびに、そう思わない自分がものすごくズレているようで、寂しくなるんですよ。
「みんな共感できているみたけど、わたしはそれだけじょんのことを理解できていないんじゃないかなあ」と悩みました。

もちろん、共感することはありますよ。
でも、周りの反応を見ていると、そのケースが圧倒的に少ないんです。
わたしだってじょんにたくさん共感したい。
「じょんと同じこと思ってた!」とか「わたしもそれが好き!」ともっと言ってみたいですよ。
そういうときに得られるカタルシスってハンパないですもん。

ただ、以前から思っていることは、もし彼がわたしと違う意見を持っているなら、なぜそう思うのかそれこそ知りたいです。
じょんはなぜそういう風に思うのかな?
わたしとはどこが違うのかな?
それを考えてみたいんです。

じょんも「そんなことまで考えないで、もっと楽にどうぞ」って絶対に言うと思うのですが、残念ながらそれがわたしなんですよね。
今さら変えられないのよ。
じょん、こんなファンでごめんね。
面倒だったとしても、わたしはキミのことを自分の言葉で理解したいんだ。


じょんが書く歌は好きですよ。
見たり聞いたりしてインスピレーションを受けたこともたくさんあるでしょうし、
彼の経験に基づいた書かれたことも、きっとたくさんありますよね。

歌詞、メロディー、リズム、ハーモニー。

歌を構成する要素は上に書いた4つだけど、どれもじょんのココロがこめられていますから、
歌詞以外からも受け取れるメッセージはたくさんありますよね。
音楽から受け取れる情報量ってものすごく多いと思うんです。
だから、じょんは自分が語るストーリーとして聴いている人に届けられるんだと思う。


ファン歴を気にする人がいたとしたら、わたしのことはファン歴が長いからいろいろ知っていると思うかもしれませんが、
わたしからしたら、じょんに共感できることが多い方の方が、彼のことを理解していると思いますね。
ファン歴なんて関係ないんです、とわたしが何回も言う理由はそこにもあります。


書けば書くほど落ち込んでくる記事だなあ。
今日はもう少し音楽を聴いたら寝ます。
それでは、おやすみなさい。
関連記事


web拍手 by FC2
[ 2016/02/27 04:37 ] SHINee Jonghyun | TB(-) | CM(2)

ふじさま

はじめまして、コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

そうですね。
国も環境も性別も年齢も違いますから、ファンであってもどうしても共感できないことはあります。
わたしもそれが普通だと思っています。
ただ、それがちょっとさびしいときがあるんです。

わたしも自分の意見というものがあり、じょんの考えることに対して、
いろいろと考えるのが好きなので、ついつい「どこか違うのかしら…」と追及するのが楽しいんです。
本当は、じょんの言うことをなにも考えずに受け取ることができたら、
どんなに楽だろうかと、よく思います。
でもついつい考えちゃうんですね。

でもそれが一人のファンとして応援するわたしの姿でもありますし、
そういうファンがいてもいいだろうと思いますので、
ふじさまと同じように、わたしもわたしなりの意思をもって応援していきたいと思います。

コメントありがとうございました!^^
[ 2016/03/05 01:17 ] [ 編集 ]

はじめまして

Twitterを拝見し、こちらのブログへ辿り着きました。
テコさんの考えに共感したのでコメントさせていただきます。
私もジョンヒョンのことを理解したいと思うし、好きだからこそ共通点があれば嬉しいし、共感したいと思います。
でも、どうしても環境も違えば性別も違うわけで全てを理解することは出来ないのは当然ではないでしょうか。
むしろ全てをわかった気でいるほうが傲慢だし、依存的だと思います。
だからこそ、テコさんの考え方が普通なんじゃないでしょうか。我々はファンであり、ジョンはアーティストだけど1人の人間対人間です。共感できないこともあるけれど、お互いの意見を持って共存できることが素晴らしいと私は思います。
私はこれからもジョンの考えに対する自分なりの意見を持ちながらジョンペンとして彼を応援していきたいと思っています。
てこさんみたいに文章がうまくないので言いたいことが伝わってないかもしれませんが、ご容赦ください。
[ 2016/03/03 17:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する