コトバ

こんばんは。
お休みで時間があるから本日2回目の更新をしちゃう~。

Maxwellがぷるんばむに来るそうですね。
じょんでぃ、これは緊張する日ですなあ。

Maxwellといえば、This Woman's Workなのですが、この曲って元々女性が歌ってるんですよね。


オリジナルはこちら。


Maxwellがこちら。

さあ、じょんはいったいどちらを聴いて、この歌を歌いたいと思ったのでしょうか。


じょんのThis Woman's Workはこちら。

まあ、十中八九Maxwellですよね。きっと。

Maxwellを蒼い夜に編成したのはMBC側だと思いますが、じょんがピクニックライブでThis Woman's Work歌ったからでしょうね。
じょんは、本当にMBCによくしてもらって…ファンとしてもありがたいです。

This Womans Work

-------------------

この歌、じょんは2011年のシンガポールのSHINee Worldでも歌っていました。



2011年のSHINee Worldのじょんのソロは、本国では韓国語の歌、日本では日本語の歌、中華圏では中国語の歌、そして英語圏のシンガポールでは英語の歌と、自分の歌が伝わるように、ちゃんと言語も選んでましたよね。
公演をする国の言語に合わせるというのが、とてもじょんらしいなと当時も思いました。

よくよく考えると、じょんが一曲の中で二つの言語を歌ったのって、日本だけですね。
一番は韓国語、二番は日本語。
2009~2010年の日本のペンミはそうでしたし、今年のドームでやった『Crazy』もそうだった。

初来日(2009年8月)の中野のペンミで歌った『瞳をとじて』は、日韓の文化交流的な意味合いで二つの言語で歌ったのですが、それを読んで「なるほどな、そういう考えもあるんだ」と思っていたんです。
おもしろい考えを持つ男のコだなと、感心したんですよ。

でも、2011年のソロを見てみると、観ているファンに自分のココロを伝えたいから、現地の言語で歌ってるんですよね。
歌った曲のラインアップを見ていると、それがよく分かります。

だから久しぶりにドームで『Crazy』を聴いて、ああ、じょんは自分で書いた歌ではあるけれど、日本人には日本語で自分の歌を届けたいんだなと思いました。

一番と二番で言語が変わること、不思議に思う人も多かったようですが、昔のペンミを観てきた人なら「とてもじょんらしいな」と思ったと思います。
彼の日本のファンに伝えたい意思とやさしさを感じました。
まあ、せっかく彼が作詞した歌ですから、全編韓国語で聴きたかった気持ちはもちろんあったけと、わたしは自分の欲求を主張するよりも、彼のココロを受け取りたいですね。


せっかく話に出たので、2011年のその他の国のソロを振り返りましょうか。


動画はちょっと反則で2010年の日本のSHINee World(初めての単独コンサート)より。
髪型からすると、1回目の公演ですね。

2011年の初めてのソウルコンはフィソンの『Girls』でした。
このときのソウルコンは行くのを諦めてしまったので、日本でしか観ていないのですが、いい気になっている風のDJ姿を見て爆笑してしまったことを思い出します←
ごめんね、そんなファンでw
ただ、当時のソロは歌い上げる曲ばかりだったので、こういう歌を聴きたかったんだよー!って嬉しかったですね。
しかし今見ても初々しくてかわゆい♡


中華圏では『交错的爱』。
じょんがSHINeeとしてデビューする前にフィーチャリングで参加したりぃんぬなのアルバムがあるのですが、それを二人で歌ったんですね。
りぃんぬな、めっちゃ歌が上手!

artworks-000100093284-y0rkbf-t500x500.jpg

デビュー前なので、このアルバムにはどこにもSHINeeとは書いてなくて、キムジョンヒョンとして参加しています。
一練習生をアルバムを参加させたこと、当時からそれだけ期待も高かったんだと思います。

収録されているCD、しばらく買えない状態で、紹介したくてもできなかったのですが、最近プレスしたんですかね。
日本でも買えるようになってました。
当時、手に入れるの大変だったんだけど(^^;
デビュー前のじょんが中国語でがんばっている歌なので、ぜひCDでも聴いてみてください!

さて。
最後は日本。



これはもう語るまでもないでしょう!
名古屋と大阪で歌ったソロでしたが、聴いたとき泣きましたね、わたしは。
当時のわたしはこんなことを思っていたみたいです。 → □□□
えらい、感動してるなw
うん、でもとてもいいソロだったんですよ。
こうしてファンカムが残っていてありがたいですね。


当時を振り返ってみると、「ああ、彼はこの頃既に『言葉』というものをとても大事にしていたんだな」とよく分かります。
じょんは『言葉』や『歌』に対する姿勢がブレていなくて、彼らしさが溢れているなあと、久しぶりに動画を見てやっぱり感心してしまいました。
これからもそんな彼の『言葉』を大事に受け取っていきたいです。

それでは、またお目にかかります。
今度はてむちゃんとおにゅのことを書きたいですね。
ちょっと早いけど、おやすみなさいませ~。
関連記事


web拍手 by FC2
[ 2016/08/11 22:43 ] SHINee Jonghyun | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する