SHINee、日本の韓流の再点火、先頭に立つ

샤이니, 일본 한류 재점화 앞장선다
SHINee、日本の韓流の再点火、先頭に立つ
(以下、翻訳機を手直ししつつ記載いたします)

BoA、東方神起、BIGBANGはこれまで日本市場で独歩的な地位を作って守ってきた韓国歌手たちだ。
韓流を起こしてジャンルとしてのK-POPを作りながら新たな市場を開拓してきた。
彼らに続き、次世代日本市場K-POPを主導していくことへの期待主は誰か。
一番に挙げられるチームは5人組グループ、SHINeeだ。
所属会社SMエンターテインメントもSHINeeを筆頭に、今年日本の韓流の再点火に乗り出すという計画を明らかにしている。
日本国内のトップ歌手に劣らない観客動員力を自慢してる東方神起は現在軍服務中で、BIGNBANGのメンバーも今年から軍服務が始まる。
最近、数年来、日本公演市場で前例のなかったK-POPが空白の状況でSHINeeがどんな存在感を見せてくれるか期待を集めている。

これを客観的に見せてくれる値する事例は、昨年末、日本の代表的な年末歌謡祭であるフジテレビのFNS歌謡祭だ。
この音楽祭は、NHKの紅白歌合戦とともに日本の歌謡界を代表する年末特集番組だ。
韓流が絶頂に達した2012年までは東方神起やBIGBANG、少女時代などがこれらのプログラムに出演したが、
しばらくこのようなプログラムで韓国歌手たちを見ることができなかった。
昨年このプログラムに出演した韓国の歌手はBoAとSHINeeだけだった。

SHINeeはすでに先月から日本アリーナツアーに突入した。アリーナは、客席1万5000万席規模の公演場だ。
昨年、アリーナツアーでSHINeeは40万人以上の観客を集めた。
今年は4月まで東京、大阪、静岡、名古屋、神戸などを回りながら20回アリーナツアーが予定されていたが、
現地の呼応で公演は5回延長され、計25回行われている。
5月以降ツアーの日程はまだ確定されていないが、現在の勢い通りなら5万規模のドーム公演場ツアーも可能であると予想されている。
最近、2年間SHINeeは東京ドームと大阪ドームで単独公演を成功的に行った。

l_2017020701000885300066781_99_20170207120203.jpg

多くのK-POP歌手が日本に進出し、それぞれ活躍ぶりを展開しているが、SHINeeが成し遂げた成果が持つ意味は格別だ。
BoAと東方神起の成功後、韓流が爆発的な人気を博し、一時日本では'K-POP'という名前だけをつけていくと、無条件でファンをかき集めた時代もあった。
少女時代やSuper Junior、KARAなどは夢の舞台という東京ドーム公演を成功的に行われており、
ちょうどデビューするグループもファンミーティングや公演で数百、数千人を一度に動員した。
しかし、嫌韓の空気が生まれて2012年以来、両国間の政治的葛藤が高まり、日本国内の韓流勢いは相当弱化された。
2011年、SHINeeが、日本でデビューした時から、社会の雰囲気とマスコミ環境が打って変わったものだ。
開始から難関に逢着した人々が選択したのはファンと密着し、現地で根を固める方法だった。
大規模なイベントや広報戦の代わりにこれらは小規模都市や郡単位の地域の公演場を訪れ、現地観客たちに会って親近感を高めた。
地面を開拓するのも同然だった東方神起を境にこのような方式と、日本ファンたちに会った韓国トップ歌手はいなかった。
2015年、SHINeeが、日本に進出してから4年ぶりに初めて東京ドーム公演をした際、
当時日本ユニバーサルミュージックの関係者は"大型の所属会社の有名歌手が、
一貫性を持って見せた態度が日本のファンたちの心を開いてしっかりしたファンダムを構築するように作ったようだ"と分析した。

l_2017020701000885300066782_99_20170207120203.jpg

SHINeeはこれまで日本で14枚のシングルアルバムと4枚の正規アルバムを発表しながら着実に高い現地活動の比重を維持した。
2014年9月に発売した正規3集I'm Your Boyからオリコン週間アルバムチャート1位を占め、
昨年1月に発表した正規4集D×D×Dも週間チャート集計で1位に上がった。
彼らは22日、5回目の日本正規アルバムFIVEを発表する予定だ。
両国で発表する曲が全く違うコンセプトや雰囲気を持っているのも興味深い。
特に今回の日本アルバムのタイトル曲'Get The Treasure'は、これまで国内で強調された清涼感より暗く、曖昧な感じが強く表れている。

大衆音楽評論家ファンソンオプは"SHINeeが一般アイドル歌手たちと差別化されたのは、
いつも新しい結果物を作りながら一貫性があるように高い完成度を追求すること"とし、
"長期的にファンダムと大衆の間のバランスを維持し、SMエンターテインメントで占めるSHINeeの役割はさらに大きくなるだろう"と分析した。
関連記事


web拍手 by FC2
[ 2017/02/08 03:18 ] SHINee library | TB(-) | CM(2)

ゆりさま

おはようございます。
お返事が遅くなってごめんなさいね。
これは真剣に考えてお返事すべきだなと思って、ずっと考えていました。

そうですね。
日本活動を進めていくなかで、いろいろ苦労してきたという話はよく出ますが、
K-POPブームが終わってしまったというのは大きかったと思います。
さあ、これから!というときには、先輩たちが活躍してきた雰囲気とは全く別な空気になってしまった。
これは事実だと思いますね。

そんな中、大きなプロモーションもないまま、日本各地を回ってファンを増やしていきましたけど、
嫌韓はあったとしても、彼らには自分たちらしい音楽をやればいいという信念があるから、日本であっても他の国であっても、SHINeeらしく頑張ってこれたんだと思います。

ただ、ひょっとしたら暖簾に腕押しだと感じたことはあるかもしれないなあとは思います。
SHINeeは知る人ぞ知るグループでしたが(もしかしたら今もそうかもしれないですが)、
これだけ活動してきたら、手応えは欲しくなると思います、誰だって。
コンサート会場でファンに会う以外は日本活動を実感する場がないので、手応えを感じにくかったんじゃないかと思いますね。
でも、そんなあのコたちを支えてきたのは、強い信念とコンサートを観に来てくれる日本のファンの存在だったと思いますよ。
それが「東京ドーム」がトリガーとなって、これまで感じてきたことを昇華できたんだろうなと。
だからあの涙だったと、わたしは思っています^ ^

肩身が狭い思いをしたかどうかは本人たちにしか分からないし、ましてや外国人である日本人のわたしにはもっと分からないかもしれませんが、
きっとそんな風には思ってなかったと思います!
音楽を含めた芸術分野が政治的な影響を受けてしまうことはこれまでの世界中の歴史でもよくありましたが、
後世まで残る、もしくは語られる、そんな作品たちは強い信念でもって自分を貫き通してきた芸術家たちが作り上げたものです。
SHINeeの音楽もきっと同じですよ!^ ^
それはあのコたちが一番よく分かっていると思いますし、それを実践して見せてくれていますよね!
だからわたしたちも応援したくなるし、こんなにも世界中から愛されているんだと思います。

これから日本国内でももっともっと愛されるようになると思いますよ^ ^
まだまだ一緒に応援していきましょうね♡
コメントありがとうございました!
[ 2017/03/05 05:25 ] [ 編集 ]

No title

こんばんは^ ^いつもテコさんのブログ拝見させていただいてます^ ^
今回のこの記事を読んで思い直したことがあって。。
ホールツアーのいろんな方のレポを読み直したりして感じたことあり。。
ドームのサプライズでThankyoushineeの文字でメンバーみんな泣きましたよね??

あのときは、日本活動が辛かったけどありがとうと言ってもらえて、なみだだと思ってたけど、
この、嫌韓の雰囲気の中の記事を見て、シャイニは日本のファンに本当に分かってもらおうと頑張ってくれてたのかな?って。
本当にはなんなのか自分でもわからないんですが。。
シャイニの胸のうちのことは、わからないですけど。やっぱりシャイニも肩身が狭かったのかな、って。

日本でももっとシャイニーが普通に馴染めたらいいのになって思いました。。
ながながとコメント失礼しました…>_<…
[ 2017/02/10 00:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する