6月23日

こんばんは。
数日前の話ですが、6月23日ということで너와 나의 거리 (Selene 6.23)の日でしたよね。



じょんがこの歌を作詞した2013年ですが、6月23日はスーパームーンで月と地球が一番近づく日でした。
月が地球を周回する軌道は楕円なので、公転しながら地球に近づいたり遠ざかったりしているそうです。

この歌は、近くに見えるけど、実際には遠い月のことを片思いに喩えたんですよね。

詳しくはじょんの作詞スケッチを見てみるといいかも。

[스타캐스트] 샤이니 종현의 ‘너와 나의 거리 (Selene 6.23)’ 작사 스케치 공개
SHINeeジョンヒョンの「君と僕の距離 (Selene 6.23)」作詞スケッチ公開

この歌は本当に素敵な歌ですが、2014年のソウルコン(SHINee WORLD Ⅲ)でも披露したので、素敵なエピソードがありましたよね。

여러분이 생각하는 것 만큼 그렇게 멀지 않아요.
저희는 그렇게 멀지 않습니다.
(너와나의거리 가사에 대해서)
나는 달을 보고 쓴 가사예요.
여러분이 아니고.
달이랑은 되게 멀어요.
여러분이랑 되게 가까워요.


皆さんが思っているほど、距離はそんなに遠くないですよ。
(너와나의거리の歌詞に対して)
僕は月を見て書いた歌詞です。
皆さんは違います。
月は遠いでしょ。
皆さんとはすごく近いです。


そう。
片思いで声が届かない相手だから切ない歌詞なのですが、それをファンが自分のことを言っていると誤解するのがイヤだと言ってましたよね。
だから「月は遠いけど、皆さんとはすごく近いでしょ」という話をしました。
ミノくんも距離は0メートルだと言ってましたよね^ ^

わたし、このエピソードが本当に好きで。
この歌を聴いたファンが考えてしまうことを分かっていて、「それは違うよ」と口にしてくれたんですよね。
わたしが聞いても分かる簡単な韓国語だったので、当時、客席で彼が話すのを聞きながら、そうやって話してくれたのが嬉しかったんですよ。
SHINeeにとっては、どの国のファンであってもSHINee Worldであることには変わらないので、
わたしたちが外国人であっても、「皆さんとは距離は近いでしょ」と言ってくれたのが本当に嬉しかったんです。

本国のファンも海外のファンも「みんなしゃうぉるでしょ」と言ってくれたおにゅの言葉。
そんな風に世界中のファンに向けて言ってくれる5人のことですから、国籍に関係なく、どの歌もしゃうぉるのために歌ってくれているんですよね。


2014年のソウルコンは他にも素敵なエピソードがいろいろあった日で、わたしも思い出がたくさんありますね。

SHINee「僕たち5人はいつまでもSHINeeであり続けたい…」単独公演を控え熱い抱負(総合)
以下、抜粋します。

ジョンヒョンは「今年、来年、再来年はSHINeeにとって重要だ。個人的にやることが多いという包括的な意味を盛り込んでいる。SHINeeの未来はメンバーが同じ方向に向かっている。その方向性が5人揃って同じであるため、SHINeeを守り続けていきたい」とし、「僕たちで真剣に話し合いをした。時間が経ってもSHINeeであり続けたいと思った。これからも僕たち5人は、物理的な問題がなければやり続ける」と強い抱負を語った。

こうやって「僕たちはこれからも一緒にやっていくんだ」と具体的に話をしてくれた日であり、

저희가 데뷔한지 이제 한.. 7년 됐죠?
물론 여기 계신 분들, 처음부터 우리랑 같이 해주신 분도 계실거고 중간에 좋아해주시고
오늘 콘서트가 처음 오신 분들도 계실텐데요.

제가 항상 느끼는 건 이렇게 공연을 하다보면..
물론 이름도 모르잖아요.
저는. 근데 되게 눈을 맞추고 노래를 부르면 되게 오래 안 사람같은 느낌이 들어요.

왜냐면 저희가 7년동안 이렇게 음악 했던 걸 처음에 좋아해줬든 나중에 좋아해줬든
한번씩 이렇게 되새겨 들어주고 했던 사람들이어서 우리들의 뭔가 마음을 잘 알고 있는 것 같아서 그에 대해서 말씀을 드리고 싶었어요.
여러분 고맙다고.

멤버 전원이 많이 바빠서 여기저기 왔다갔다 하느라 한국에서 콘서트를 많이 못했잖아요.
이제 앞으로는 더 자주 찾아 뵐 수 있도록.. 앞으로 여러가지로 계속계속 찾아 뵐테니까요.. 감사합니다.


僕たちがデビューして、これで7年でしょう?
もちろんここ来られた方、最初から僕たちと一緒にしてくださった方もいらっしゃるでしょうし、
途中から好きになってくださった方もいらっしゃるでしょうし、
今日のコンサートが初めての方もいらっしゃるでしょう。

僕がいつも感じるのは、こういう風にコンサートの舞台に立つと…
僕は当然名前もわからないのですが、目を合わせて歌を歌うと、随分と長い時間が経ったような気がします。

なぜならば、僕たちの7年間の音楽生活のなかで、
最初から好きだったとしても、後から好きになったとしても、
こういう風に思い出してくれて、自分たちの音楽を聴いて下さった方たちなので、
なぜか僕たちの気持ちをよく分かってる気がして、それに関して申し上げたかった。
皆、ありがとう。

メンバー全員が忙しくて、あちらこちらに行ったりきたりしたせいで、
韓国ではコンサートはあまりできなかったですよね。
これから、できるように…これからはいらいろと引き続きお目にかかりますので…ありがとうございます。


こんな風にいつファンになったかは関係なく、皆に感謝をしてくれた日でもありました。
他にも素敵なことをたくさんたくさんお話ししてくれました。
あのDVDは涙なしには見れないですpq

2014年は、日本ではホールツアーがあり、アリーナツアーでは東京ドーム公演が発表された年でした。
もしかしたら、5人にとっては、2013年に続いて2014年も特別な年だったかもしれませんね。

こうして今でも5人一緒でいてくれて嬉しいし、ありがたいなと思います。
これからもずっとわたしたちと一緒にいられたら嬉しいなあ。
それがわたしの願いでもあり、夢でもあり、希望でもありますね。

そんな風にいろいろなことを思い出した2017年の6月23日でした。


それではまたお目にかかりますね。
おやすみなさい~。
関連記事


web拍手 by FC2
[ 2017/06/25 01:53 ] SHINee | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する