サラウンドビューイングに行ってきました

2017-08-18 192443

こんばんは。
先日、サラウンドビューイングの SHINee WORLD V を観てまいりました。
ソウルで行けそうで行けなかったサラウンドビューイング、日本でも見れるということで行きたかったのですが、
チケットは全滅で諦めていたところ、やさしいお友達からお誘いをいただいて、無事観ることができました。
mちゃん、お誘いありがとうございました♥

3面のスクリーンということで、artiumのあのスクリーンと比較すると、日本はちょっと小さめなのかな?
でもそれでも迫力満点でものすごーく楽しかったです。
あとは何よりも音響だな。
身内で上映会をやってもあの音は出ないからな。

ソウルコンも横アリも行ったのですが、観ながら「そうそう、そうだった!」ということも多く、既に懐かしい気持ちでいっぱいでした。
そういえばソウルコンからもうすぐ1年ですね。
早いなあ。。

このタイミングで観にいくということは、必然的におにゅのことも考えます。
どういう気持ちで彼が歌って踊る姿を見ればいいだろうかと、少し悩んだのが正直なところです。
でも、まだ結論は何も出ていないし、自分が観たソウルコンだし、何よりわたしはSHINeeのファンであるということ。
そんなことは考えず楽しんじゃえ!と思って行きましたが、5人で歌う姿を観たら泣けましたよ。

Twitterにも少し感想を書きましたが、SHINeeの音楽は5人でもって初めて完成するんですよね。

SHINeeの歌のバランスは秀逸。オニュとじょんという個性の違う二人のヴォーカルがいて、カラーの違う二人の歌声が重なったときに見せてくれる色の美しさは筆舌に尽くしがたいものがあるし、それに他のメンバーが加わると様々な色に変わりゆく。あの5人だからこそ見せてくれる世界があるよね。

これはわたしの過去記事に元の文章がありまして、

SHINeeの歌のバランスは秀逸。
おにゅとじょんを組み合わせたのは正解だと思います。
持つ色の違う二人が重なったときに見せる世界の美しさは、筆舌に尽くしがたい。
それに他のメンバーが加わったときに、彼らの中からさまざまな色が加わる。

あるときは、突き抜けるような青空だったり
あるときは、しとしとと降る雨が道を洗うときだったり
あるときは、冬の朝のりんとした寒さだったり
あるときは、夏の夕暮れから闇へとうつろいゆく空だったり

こうやって季節のうつろいを感じながら、彼らが見せてくれる色を、音楽を、
ずっと聴いていたいと思いました。
出来れば永遠に。


これを140字でまとめたら、サラウンドビューイングの感想はああなりました。
わたしって、過去から思っていることはそう変わらないんですよ。
だから、「これもあのとき思ったことだな」と思って、ちょこちょこっと書き直して140字にしてみました。
どちらがいい文章なのかはわたしにはわかりませんが、本当に、5人が見せてくれる世界を、これからもずっとずっと見ていたいと思っていますよ。

このタイミングでこのことを書くのは非常に勇気がいるのですが、まだ結論が出ていないので何も言えないと思いつつ、
判明している事実だけで書くと、犯罪があった、もしくはなかったという以前に、おにゅはどうしてお酒を飲みすぎちゃったのかなと思います。
なぜなら、飲酒はそこに彼の意思があったからです。
自分で管理できることですよね。
事件に関しては検察が出す結論を待つしかありませんが、個人的にはそれだけが気にかかっています。

出ている情報も少なく、こんなにも毎日が不安で泣きたくなる日々を過ごしていて、
そんな風に思っている中のサラウンドビューイングだったんですけど、それを見て思ったんですよね。

やっぱり、5人の歌声とステージは最高だってこと。

わたしは公式を待つしかない身だし、検察から出る結論だって、もしかしたら厳しいものになるかもしれない。
それでもわたしは信じたい、あの5人を。
今回のことはわたしだって思うことはたくさんあるけれど、SHINeeからあの歌声を失うのはわたしは絶対にイヤだ。
これからも5人の歌を聴きたい。
ステージで踊る姿を見たい。

フォロワさん何人かとこの事件についてお話をさせていただいたのですが、いろいろなご意見がありました。
その中で、わたしは信じることしかできなくてもどかしいと思っていたけど、
HARUちゃんと話をしていたとき、逆に「こんなにも信じることができるっていうのもある意味すごいんじゃないかなと思うんです」と言ってくれて、その通りだなと思ったんです。
具体的に担保となるものは何もないけれど、それはSHINeeだからこそ信じられるんですよね。
これまでずっと見てきたからこそ言えること。

事件がどうなるかまったく分からないけれど、これが今のわたしが思うことでした。
検察が出す調査結果次第では考えが変わるかもしれませんが、あくまで今のわたしが思っていることです。

今回のことは、人によっては意見が違うことでしょう。
大好きがゆえに苦しむ人、擁護する人、非難する人、叱責する人、いろいろな人がいると思います。
でも、これもTwitterに少し書きましたが、どんなに正論であっても救われない心ってあるんです。
正論を突き付けられて、それは間違いなく正しいと頭では理解はしていても、それでも心はどうしようもなく悲しい。
正しさが必ずしも全てを救うわけではないということ。
なので、悲しい事件のときは、人によっていろいろな感情があるということを理解してほしいなと思います(経験談)。


信じて祈ることしかできないけど、なんとか『嫌疑なし』と出てほしい。
ファンの勝手な思いかもしれないけど、今はそれだけが願いです。


それではまたお目にかかりますね。
おやすみなさい。
関連記事


web拍手 by FC2
[ 2017/08/18 22:30 ] SHINee | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する