夢と幸せと証

IMG_1082_1s_copy.jpg

わたしは、8月はほぼキミの顔を見ていないのですが、元気にしていますか?

顔が見れないのは寂しいけれど、キミのことだから、楽しく音楽の作業をしていたでしょうね。
きっとスリラー小説も書いているに違いあるまい。
2015年、2016年はSHINeeとしてだけではなく、ソロの歌手として、ラジオのDJとして2年以上走り続けてきて、ようやく休むことができましたね。

キミの音楽の作業はライフワークだろうから、仕事であってもなくても、誰かから求められても、られなくても、きっとこれからも続けることでしょう。
呼吸をするように、キミの生は音楽とともにあるんでしょうね。

キミは音楽を介して、人間的な姿を見せることにより、生きていくために傷つきながら痛みに耐えるんだと言っていましたね。
それを成長痛だと言っていたけれど、キミは今もまだ傷つきながらその痛みに耐えているんでしょうか。

人間は結局自身がどんな人なのかを世の中に残すために生きていくんだと思います。
自分が本当は誰なのか言わなきゃいけないんです。


そんな風にキミは話していたけれど、自身が生きていく上で、自分は誰なのかと考えていく中、キミが生きている証として音楽が生まれていき、
そうやって生まれた音楽たちは、キラキラと輝いているものもあれば、魂の叫びのようなものもありますね。
わたしは、紛れもなくキム・ジョンヒョンという一人の人間が生きているんだという証を目の当たりにしながら、
笑顔になったり、感傷的になったり、感激したり、思わず涙が零れたりと、わたしにもたくさんの感情が生まれました。

わたしは、おそらくですが他の人と比べるとかなり感傷的な人間です。
自分でも感情には正直だと思っているし、それを隠すこともあまりしないし、それを知られることも恥ずかしいとはあまり思っていません。
感情が動くこと、わたしにとってはそれが自分の生きている証だと思っています。

キミが生きていく上で、成長痛に耐え、その傷を曝け出すことにより、「これが僕だ」と証明をしていく。
その行為は、わたしにとっても大きな意味を持ちます。
「これが僕だ」と証明をしたものは、これまでもそうだったように、きっとこれからもわたしの感情を大きく動かすことでしょう。
すなわち、キミが証明したものは、わたしにとっても生きている証のうちの一つだと言えるということ。
だから、これまでも、そしてもこれからも、キミが音楽を介して自分自身を証明していく姿を見守りたいと思うし、
キミと同様に、わたしも「これがわたしなんだ」と言いたいと思います。

僕はまだ夢を叶えてはいないんだよね。
正確に言うと、まだ見つけられてもいないんだ。


キミが書いた手紙を読んで以来、キミが思う夢とはなにを指すのかとずっと考えてきました。
「幸せにならなければいけない」と話をしていたけれど、『幸せ』よりも『夢』の定義の方が個人的には難しい気がしています。
キミにとって「僕の夢はこれだ」と言えるものが見つかり、その夢が叶う日を楽しみにしています。
そして、いつかそのときがきたら、キミが叶えた夢はなんだったのか、よかったらわたしにも教えてほしい。

そう。
そして『幸せ』についても触れなくてはいけませんね。
キミが考える『幸せ』というものがどんなものか、わたしにはすべては分からないけれど、ソロコンサートで歌う姿を見て、わたしは確信しましたよ。
「キミは『幸せにならなければいけない』と言っていたけれど、まさに今、間違いなく幸せでしょ?」と。
幸せの種類はたくさんある方がいいけれど、そうやって歌うことで得られる幸せを、これからもずっと感じてほしい。
そして叶うならば、わたしにもその歌を聴かせてほしい。
わたしにとっては、それがわたしの夢ですよ。

これまでの人生、これからの人生、アイドルとして、そして一人の青年として生きていくにあたって、
キミを応援するわたしも含めて、お互いにいいことも悪いこともあったし、これからもいろいろあるかもしれない。
わたしたちは物理的な距離はあるけれど、わたし個人は心理的には遠いと思ったことは一度もないから、
心理的空間において、お互いに傍で支えあって、これからの日々も過ごしていければいいなと思います。

なんだか取り留めもない文章ばかりになりました。
でもこれがキミに対する今のわたしの気持ちです。
「好き」という言葉を使わずして、キミが大好きだという気持ちをどこまで表現できるかなという挑戦でした。
キミがここを読むことは絶対にないけれど、それでも今日のわたしの想いをひっそりとネットの片隅に綴っておきます。

お互いの『夢』と『幸せ』に向かって、これからもともにいきましょう。
関連記事


web拍手 by FC2
[ 2017/08/24 22:24 ] SHINee Jonghyun | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する