覚悟

こんばんは。
昨日、今日と東京ドームに行ってまいりました。

そうだな。
日本のコンサートに行って、こんなに早く感想を書くのはあまりないことなのですが、やっぱり少しだけでも残しておこうかなと。


初日の昨日は、ファンも複雑な想いを持っていたと思いますが、それは4人だって一緒でしたよね、きっと。
出てきたときから、「ああ、あのコたち、すごく緊張してるし不安なのがわかる…」と思いました。
きっとステージの上から泣きながら観ているファンを見ているだろうし、そりゃあお互いに同じ気持ちになるだろう。
たった4人でドームという大舞台で公演をやるということがどんなに不安なことか伝わってきました。

でも、わたしにできることは、そんな彼らの姿を見守って応援することだけだった。

随所に表れるオニュの存在感。
ステージの上にいない一人の人。
その存在はあまりにも大きかった。
見ているファンが思うぐらいだから、あのコたちはもっと感じていただろう。
普段どれだけオニュの存在に助けられているか、メンバーだけではなくファンも感じたと思う。

コンサートというものは観客と一緒に作り上げる場だから、同じことを経験をすることにより、お互いの想いを共有できるという素敵な空間だけど、
初日の昨日はお互いに思う気持ちが伝わりあってしまったかなと思います。
歌手とファンというお互いがお互いを必要としあう関係だから、相手の想いはお互いに影響すると思う。

じょんなんか、もういっぱいいっぱいで(と、わたしは思った)、「ああ、やっぱりこのコはいろいろあると引っ張られるんだわ…」と思ったのですが、
わかりやすいというか、あのコはやっぱり音楽ではウソがつけない。
でも、そこがじょんのいいところでもありますよね。
それをしみじみと実感した初日でした。

今日は二日目。
どうなるかなあと思いつつ来たのですが、4人の吹っ切れた姿を見て安心しました。
昨日の公演で応援してくれるファンの姿を見て安心したんでしょうね。

やっぱり歌手とファンって一方通行の関係じゃないと思うんです。
以前も書いたけど、ファンが一方的に享受する関係なのではなく、コンサートという場では時間も経験も共有するということだから、お互いの感情も共有することになる。
コンサートって、そういう風に歌手と観客がともに作り上げるものですよね。
じょんがよく言う『共有』とはこういうことなんだろうなと、あらためて思いました。

テミンはパフォーマンスで他の3人を引っ張ってくれたと思うし、ミノはいつものことながらあたたかいハートの持ち主でファンの気持ちをほぐしてくれたし、キーくんは努めて「いつもどおり頑張っていいパフォーマンスをお見せしよう!」という誠実な気持ちが伝わってきたなと思いました。
今回であらためて思ったけど、じょんだけじゃなくて3人も音楽ではウソをつけないコたちでしたね。
やっぱりあのコたちの音楽は信頼できる。

じょんも二日目は初日と打って変わって、普段のじょんらしいパフォーマンスを見せてくれました。
どうなることかと少し心配しましたが、よかったです。
いつもの素敵なこの世で一番かわいくてかっこいいじょんの姿が見れました。

初日の最後のあいさつに関しては、今回の件を含んだ内容でしたが、わたしの考えはまだここに書く勇気はないけれど、
一つだけ書くとしたら、あのコたちは、たとえいばらの道を歩むことになったとしても、5人で一緒にいる覚悟があるんだなと。
「5人を信じたい」という想いだけではなく、いろいろわたしもぐるぐるとここには絶対書けないような暗いことをたくさん考えてきたけれど、
わたしの想像以上にあのコたちの絆は深かったなと思いました。

あのコたちがあれだけ覚悟を決めているなら、わたしも覚悟をしなければいけない。
そして、それがどんな姿であっても見守りたいし、どんな結末になっても最後までともに歩みたいと思います。


なんだか、いろいろな想いを残してくれた東京ドームの公演でした。
また一つ、特別な経験となりましたね。
後年、「あんなこともあったよねー」といつか笑って話せるような日がくるといいな。


それでは、またお目にかかりますね。
おやすみなさい。
関連記事


web拍手 by FC2
[ 2017/09/04 00:18 ] SHINee | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する